icn_pgtp

MATT PRYOR / Wrist Slitter

90年代EMOシーンの最重要バンドの一つであり、今なお多くの若手バンドをインスパイアしているThe Get Up Kids。MATT PRYOR(マット・プライアー)はTGUKのフロントマン。

The New AmsterdamsのBill Belzer(Dr)とEric McCann(Ba)をはじめ、ミックスにEd Rose、ゲストにBraidのBob Nanna、Saves the DayのChris Conleyといった盟友たちを迎え、持ち前の極上のメロディーと唄声はもちろん、これまでのソロにはなかった突き抜けたアグレッシヴさとエモーションに溢れ、TGUKファンなら「待ってました!」と言いたくなる要素が詰まった会心の一作に。ソロとしては初の日本盤となる本作を、5曲ものボーナストラックを追加して、緊急リリースする。from &records
  • Amazonで購入する
  • iTunesで購入する
Track Listing
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • img_record

You may also likeこちらのアーティストもおすすめ

Advertisement