icn_pgtp

IS JAPANESE MUSIC INDUSTRY GOING UP?

音楽ソフト売上1位になることで日本音楽業界の景気は上向くのか?

12 Apr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽ソフトの2012売上がアメリカを抜き世界一位になったというニュースが飛び交いました。ただこのニュースで未来の日本音楽業界は明るいと言えるのでしょうか?

音楽ソフト売上世界1位になることで日本音楽業界の景気は上向くのか?

  • フジロック、サマーソニック以外のフェスまとめ
  • フジロック、サマーソニック全出演者まとめ

音楽ソフトって何?

音楽業界の低迷はCD販売からダウンロードに移行しだしたときに多くのメディアがネット、紙媒体、テレビなどで取り上げていましたね。音楽がもう商業として成り立たないんじゃないかと思うくらいの報道のされ方でした。

そんな中、音楽ソフトの2012売上がアメリカを抜き世界一位になったというニュースが飛び交いました

国別の売上順位のトップは米国で44億8180万ドル。2位は日本で44億2200万ドルと僅差で続いた。このうち、音楽の二次利用に関する権利収入を除いた、音楽ソフト(オーディオ、音楽ビデオ含む)と有料音楽配信の売上合計では、日本は42億8220万ドルで1位。2位米国の41億2320万ドルを上回る結果となった。

引用元:INTERNET WATCH

音楽ソフトとはCDとダウンロードの売上を足したもので、これらがアメリカを抜き日本が1位になったそうです。 (CM、映画に使われる音楽使用料など音楽ソフト以外の売上を含めた場合はアメリカが最大の市場規模を誇るそうです。)

音楽ソフト売上世界1位ってそんなに重要なコトなのか?


コンパクトディスクの製作過程

音楽業界が上向きにってくれるのはボクはもちろん嬉しいですし、そういうニュースが入ってくることも嬉しいです。でも今回の「日本が音楽ソフト売上1位」のニュースが両手を上げて喜べないなあと感じるのもまた事実で。なんでそうなのかということを考えて文章にしてみました。

日本てCD価格が高くない?

まずはじめに思ったのがコレ。日本のメジャーって大体一律でアルバム価格が2,500円ですよね?昔は3,000円とかだった気がします。高いです、高すぎます!10曲入っていても、12曲入っていてもアルバムというくくりだったら2,500円、おかしい。洋楽だったら1500-1800円とかですよね。

音楽が文化として生き残るには多くの人が音楽を楽しむということが大切だと思います。アーティストの思いだってそのはずです「自分たちが作った音楽を多くの人に聞いて貰いたい!」

今回の音楽ソフト売上が1位って単純に日本のCD価格が高いからじゃないのかと思ってしまいます。

商業音楽の売り方がひどくない?

2012年 オリコン年間シングルランキングトップ100
www.tnsori.com/archives/51942155.html
***1位 : 182.0万枚 … AKB48 「真夏のSounds good !」
***2位 : 143.7万枚 … AKB48 「GIVE ME FIVE!」
***3位 : 130.3万枚 … AKB48 「ギンガムチェック」
***4位 : 121.5万枚 … AKB48 「UZA」
***5位 : 107.3万枚 … AKB48 「永遠プレッシャー」
***6位 : *64.9万枚 … 嵐 「ワイルド アット ハート」
***7位 : *62.0万枚 … 嵐 「Face Down」
***8位 : *59.3万枚 … SKE48 「片想いFinally」
***9位 : *58.8万枚 … SKE48 「キスだって左利き」
**10位 : *58.2万枚 … SKE48 「アイシテラブル!」
**11位 : *55.9万枚 … 嵐 「Your Eyes」
**12位 : *44.9万枚 … NMB48 「ナギイチ」
**13位 : *39.1万枚 … NMB48 「ヴァージニティー」
**14位 : *37.6万枚 … NMB48 「純情U-19」
**15位 : *37.5万枚 … エイトレンジャー 「ER」
**16位 : *35.5万枚 … Kis-My-Ft2 「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」
**17位 : *35.3万枚 … NMB48 「北川謙二」
**18位 : *32.2万枚 … Kis-My-Ft2 「We never give up!」
**19位 : *32.0万枚 … 関ジャニ∞ 「愛でした。」
**20位 : *30.5万枚 … NEWS 「チャンカパーナ」
**21位 : *29.1万枚 … Kis-My-Ft2 「アイノビート」
      **22位 : *29.1万枚 … Hey!Say!JUMP 「SUPER DELICATE」
**23位 : *27.6万枚 … Mr.Children 「祈り ~涙の軌道」
**24位 : *24.2万枚 … EXILE 「ALL NIGHT LONG」
**25位 : *24.2万枚 … Kis-My-Ft2 「SHE!HER!HER!」
**26位 : *24.1万枚 … 乃木坂46 「走れ!Bicycle」
**27位 : *24.0万枚 … 関ジャニ∞ 「あおっぱな」
**28位 : *22.1万枚 … 乃木坂46 「おいでシャンプー」

引用元:2ch音楽速報<2013.4.12追記>

上に掲載したのは2012年のオリコンシングルランキングです。ミリオンヒットしてるのはすべて某A●B。

アイドルや商業的な音楽が盛り上がることはボクもウェルカムですが。某A●Bなどの売り方はビックリマン世代のボクも仰天です。まさか音楽でビックリマン現象が起きるとは全く思っていませんでした。

握手券がほしいから同じCDを何百枚も買って、捨てる。CDってリサイクルできないんですよ。(ホフディランのコンパクトディスク参照)

必要ないCDが売れて誰かが破産するのも、CDがゴミとして捨てられるのも音楽が好きな者としては悲しすぎます。音楽を生業にするものならば売上や利益の前に、もっとやり方を考えるべきだと感じます。

CDの売り方が何かに音楽以外の何かに媚びていて、そのお陰で売上が上がっているのなら将来の音楽業界的にはマイナスな要素のほうが多い気がします。

著作権管理のシステムがおかしい

アーティストに還元されているのならば著作管理の機関があるべきですが、自分が知るかぎりでそんなものはない。

もっとアーティストに還元される形にならなければ将来的にまた音楽業界そのものが落ちていく要因になりかねないと思います。

おまけ:来日公演とか最近平日が多くない?

音楽ソフトとは関係ありません(笑)これは個人的な不満なのですが。海外アーティストが来日するのに最近、平日が多い。4,5年前は大抵、土日に来てくれていたのに。最近は平日ばかりにくるから仕事の都合で全く見に行けない。土日に来てくれ!w

これから音楽業界に期待できるコト

新たなサービスとして多くの企業がストリーミングサービスを開始

ストリーミングサービスについては以前IMDBの記事で書かせて頂きました。読んでないかたは是非こちらへ「定額音楽配信サービス徹底比較!(レコチョクBest vs Music Unlimited)」。実際ボクが使ってみて「これはお金払っても使いたい!」と思いました。あとは徐々にアプリのユーザビリティーが上がってくれればとても良いと思います。

ボクはこういった新たな形のサービスが聞く人を惹きつけて、音楽業界を支えて行くのだと考えています。

ただボク(そして、このブログを見てくれている人)が聞きたい音楽があるのは現在ソニーが提供するMusic Unlimitedだと思うんですよね。マイナーな音楽はレコチョクには少なかったし。

ストリーミングサービスがもっと普及して色んな人たちのニーズに答えてくれるサービスになってくれることに期待しています!

レコードという媒体の復活

これは個人的な希望も入っていますが、音楽販売においてレコードという媒体を復活させてほしい。

デジタル・ダウンロードやストリーミング・サービスが主流になっていくことで音楽ファンが寂しいと思うことは「手元に残るものがなにも無い」ということ。CDやレコードって音楽はもちろんですが、ジャケットや歌詞カードを含めてアーティストが作り出すアートだと思うんです。

たまに海外のレコード通販で見かけるのが、レコードを買うとMP3ダウンロード権がついてくるサービス!これをもっと普及させてほしい。手元に残るものはレコードで、音楽はすぐに聞けるようにダウンロード。このコンボだったらもっと音楽ファンは満足できると考えています。

レコードってジャケット大きくて見応えがあるし、あのレコードを再生した時に言う独特のノイズがまたタマラナイんですよね。DJも最近では音楽データで全部演る人が多いですが、やっぱりレコードを変えるあの動作も含めてエンターテインメントなように感じます。

そしてレコードを聴こうという動きは海外ですでに始まっています。レコード・ストア・デイって聴いたことはありますか?

RECORD STORE DAYはChris Brownが発案し、Eric Levin、Michael Kurtz、 Carrie Colliton、Amy Dorfman、Don Van CleaveとBrian Poehnerによって創始された、 全米の700を超え、海外に数百を数えるレコードショップとアーティストが一体となって近所のレコードショップに行き、 CDやアナログレコードを手にする面白さや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典です。 限定盤のアナログレコードやCD、グッズなどがリリースされ、多くのアーティストが全米各地、各国でライブを行ったり ファンと交流する日です。

2008年4月19日にはMetallicaがサンフランシスコのラスプーチン・ミュージックでオフィシャルにキックオフをし、 以降は毎年4月の第3土曜日にRECORD STORE DAYが開催される運びとなりました。2013年は4月20日(土)開催です。

引用元:Record Store Day Japan

こういった動きが売上につながったのかは分かりませんが、イギリスでは1997年以来レコードの売上が$177ミリオン(約177,000,000円)と最高額に到達したそうです!ただ20年前には3000件が軒を連ねたインディペンデントのレコードストアも現在では350と激減しているようです。一度失速した音楽業界の負の遺産とも言えるのではないでしょうか。今後再び増えていくことを期待しています。
引用元:FACT MAGAZINE

レコード購買を増やす動きが日本にも広がってくれることを期待しています!

今年のレコード・ストア・デイ限定レコードはディスクユニオンで予約を受け付けています。Twitterで@alexxskywalkerさんに教えて頂きました!ありがとうございます!

まとめ

CD売上が上がるのはとてもイイ事ですね、それに異論はございません。ただ音楽業界のあり方がアーティストや聞く人よりでは無いということは変わっておらず、そんな中で音楽ソフト売上1位と言われても全く嬉しくない。

これがボクが今回のニュースで感じたことです。

もっと音楽業界の根本が変わることでより良いミュージックライフが送れることは間違いないのだから。出来上がってしまった悪い体質を少しずつ改善して欲しいと思ってます!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る